デジタル絵画

デジタル絵画とは

近年、アート作品の一つとして販売が盛んで注目されているデジタル絵画。デジタル絵画は、個人はもちろんのこと、店舗や会社、病院や図書館など、様々な場所のインテリアアートとして、幅広く活用できるのが大きな魅力です。現代ならではのデジタル技術を活かしたデジタル絵画は、従来の絵画とはまたひと味違った魅力を持っています。そこで今回は、デジタル絵画の販売店・ナノグラフィカが、長い歴史を歩んできた絵画の魅力をご紹介します。インテリアとしてのデザイン性、美しさに触れることで得られる癒しなどの絵画の魅力を理解したうえで、デジタル絵画の通販の利用をぜひ検討してみてください。

小家、店舗、病院といった待合場所のインテリアとしてなじみの深い絵画の魅力とは

デジタル絵画とは、従来の絵画に見られる水彩画や油彩画などのタッチを、コンピューターグラフィックで再現した絵画のことです。ナノグラフィカの通販サイトでは、個人様・法人様を対象に、デジタル絵画の販売を積極的に行っています。個人はもちろん、店舗や病院などに飾るのもおすすめです。さて、今回はそんな「絵画」の魅力について触れていきます。絵画といえば、私たちが古くから触れてきた非常に歴史のある文化・芸術です。現代はコンピューター技術の発展に伴い、絵画・イラストもデジタルの技法が頻繁に用いられるようになり、デジタル・アナログ問わず、絵画はいつの時代も人々とともにありました。そんな絵画にはどのような魅力があるのでしょうか。

◇絵画を飾るだけで部屋が華やかに
家や店舗、病院などの壁に絵画が一つあるだけで、部屋の印象はたちまち華やかになります。おしゃれな印象が加わり、殺風景で無機質な空間にも活気が生まれるでしょう。インテリアアイテムで何かが物足りない…と思ったとき、観葉植物や絵画などを取り入れる方はとても多いです。

◇美しさに触れることは癒しの一つ
デジタル絵画にも従来の絵画にも、一つの芸術品としての美しさがあります。デジタル絵画や従来の絵画を見て、「この色合いがきれい!」、「描かれている人の笑顔が素敵!」と、何かしらの感動を覚えることは、癒しやリラックス効果をもたらしてくれます。病院や診療所など、緊張しやすい場所にリラックスできる空間を作りたいときには、絵画はおすすめのアイテムです。

◇発想力の源になる
デジタル絵画をはじめとしたアート作品は、ときに発想力の源にもなります。アートに触れたとき、多くの人は感性が動かされます。自由な発想力を得たいときは、会議室や自宅の仕事場などに絵画を飾るとよいでしょう。特にデジタル絵画であれば表現力も多彩です。発想力・創造力の向上につながります。
個人をはじめ、会社や店舗、病院など様々な場所に飾って楽しめるのが絵画の魅力です。
デジタル絵画をはじめとしたアート作品には、その空間に華やかさをプラスしてくれること、癒しを与えてくれること、発想力の助けになることなど、たくさんの魅力があります。

日本画・洋画・現代アート、また原画・版画・複製といった様々な種類があります。さらに、サイズや値段もアート作品によって異なります。これは、デジタル絵画だけでなく、従来の絵画も同様です。
そこで今回は、デジタル絵画を販売するナノグラフィカが、デジタル絵画の種類とその特徴をご紹介します。
絵画の販売店でデジタル絵画を購入する際には、どんなジャンルのものを扱っているのか、値段はいくらくらいなのか気になるところです。特にアート作品を購入した経験がない場合は、絵画の種類について理解を深めておくことが大切です。
絵画の値段については、作家をはじめ、絵画の種類や価値、芸術家の評価などによって変わってきます。幅広い価格帯の作品が市場で販売されていますので、嗜好や予算に合わせて選ぶとよいでしょう。
ここでは、代表的なアート作品を見ていきましょう。

◇日本画
奈良時代や平安時代を起源とする「大和絵」がもととなった日本画。日本画の多くは、中国や朝鮮から伝わった技法が採用されています。写実を基本とする、まさに日本の伝統を描いた芸術です。

◇洋画
日本で洋画が親しまれるようになったのは、明治維新以降です。当時の印象派の影響を色濃く受け、従来の日本画の技法ともコラボレーションしながら、西洋と日本のよさを両方取り入れた美しさを表現しています。

◇現代アート
現代アートも日本画と同じで、写実を基本とする絵画です。色や線、形などモチーフがしっかりと描かれ、現代らしい自由さ・表現の広いバリエーションを取り入れているのが特徴的です。発祥地は20世紀初頭のヨーロッパになります。


絵画の販売店でデジタル絵画を購入する際には、絵画にはどんな種類があるのか、購入の選択肢について知っておきたいところです。アート作品は一つ一つが高額な値段になることも珍しくありません。販売されている絵画にはどのようなものがあるのか、あらかじめ知識をつけておくと実際に選ぶ際に役立ちます。絵画の種類は、主に以下の3つに分類されます。

・原画
・版画
・複製(プリント)

原画とは絵画のオリジナル作品のことを指します。つまり、この世に一つだけの作品であり、高い価値・高い値段がつく点が特徴です。

版画とは、決められた枚数の紙に印刷されて複製されたアート作品です。作品にはエディションナンバー(シリアルナンバー)がついているため、複製画と比べると値段が高くなる傾向にあります。

そして、複製画は、エディションナンバーのついていない複製品のことです。価値はそれほど高くはないですが、その分気軽に名画を楽しめます。

部屋のインテリアアートとして、デジタルアートフレームや従来の絵画を購入しようとお考えの方も多くいらっしゃるでしょう。絵画は自宅の部屋をはじめ、店舗内や社内、エントランスホールなど、空間を彩るインテリアとして馴染みのあるアートです。
絵画を暮らしの中に取り入れることには、多くのメリットがあります。

◇心にゆとりが生まれる
日常の暮らしの中で絵画に触れることは、癒しを得ることにつながります。美しい風景画や多彩な色使い、魅力的な女性の微笑みなど、絵画の中にある世界観に感動を覚え、それが日常的なリラックス効果になっていきます。自然と心にゆとりが生まれ、ストレス解消につながることも珍しくありません。

◇美的センスや発想力の向上
部屋に絵画を飾っておけば、美的センスや発想力の向上にも役立ちます。アーティストが描く世界観に触れれば、何かしらの刺激を受け、見る目が養われたり、美意識が高まったりします。美的センスや発想力をアップさせるために、社内に絵画を飾る企業も少なくありません。

◇絵画一枚で部屋が明るく華やかに
絵画があるかないかで、部屋全体の雰囲気が明らかに変わります。絵画一枚で部屋の中が明るく華やかな雰囲気になり、殺風景で物足りなかった空間に活気が生まれます。

◇絵画は社会的ステータスの象徴に
絵画の中でも世界的に有名な作品は、社会的ステータスを示すものとして昔から知られています。美術品として価値の高い絵画を部屋に飾れば、人を招いたときも、社会的ステータスの高さを示すことができるでしょう。

◇アートは潜在意識に大きな影響を与える
デジタルアートフレームや絵画といったアート作品は、私たちの「潜在意識」にも大きな影響を与えます。日常的によく目にする場所に飾れば、無意識のうちに感性が磨かれ、芸術的な才能が芽生えたり、物事を冷静に判断できたりなど、プラスの効果が生まれる可能性があります。それは大人だけでなく、子供の感性を養ううえでも重要な役割を果たします。

◇静物画
静物画とは、切り花や食器、本などの人工物を主な題材とした絵画です。対象物を机の上にバランスよく配置し、その様子を写実していきます。ヨーロッパでは、静物画の発展は風景画よりも遅かったとされており、一般的に広がってきたのは1718世紀の頃にあたります。

◇肖像画
肖像画とは、人物を描く絵画のことです。ヨーロッパにおいて肖像画は、古来より価値の高いものと扱われていました。肖像画には、特定の人物を「そのまま描く」タイプと、「誇張して描く」タイプの2種類があります。庶民を描く場合は前者が多かったようですが、貴族や王族などの地位が高い人物の肖像画は主に後者のパターンで描かれ、その人物の権威を示すように描かれていました。

◇博物画
博物画とは、動物や植物など、生きている生物をモチーフとした絵画です。博物画の一種である動物画は、日本では古来より平面的に描画されてきた特徴があります。明治維新後に西洋から西洋画が伝わった影響により、近代は立体的な動物画が描かれるようになったという経緯があります。

◇宗教画
宗教画は、宗教の考えを示すために描かれた絵画です。受胎告知やイエスキリストの処刑など、宗教の考えに出てくるシーンを描いているのが特徴です。キリスト教以外にも、仏教やヒンドゥー教などにも宗教画は存在します。

◇歴史画
歴史画は、歴史上の出来事を描いた作品です。戦争や革命の様子を表す絵画が多いのが特徴的です。戦争への勝利を祝って描かれていたようです。

◇風俗画
風俗画とは、庶民の暮らしをモチーフとした絵画です。一般的に広まったのは近代になってからですが、古代ローマの頃から壁画などには風俗画が描かれていたようです。
壁掛けができるデジタルフォトフレームには、ゴッホをはじめとした様々な名画を気軽に楽しめるというメリットがあります。様々な絵画の写真をスライドショーで映すことも可能なので、多くの名画に触れたいときにもぴったりのインテリアです。
現代ならではのデジタル技術を活かしたデジタルフォトフレームは、名画でなくても感動を覚える作品はたくさん存在します。絵画の種類やその歴史について理解を深めながら、インテリアアートとしてデジタルフォトフレームを取り入れてみてはいかがでしょうか。

ナノグラフィカでは名画を著作権法に触れないよう、CC0やパブリックドメイン(著作権の保護期間が終了した著作物)などを遵守したうえで、画像を使用しています。
CC0とは英語のクリエイティブ・コモンズの略称で、作品のクリエイターや所有者がその著作権や著作権による利益を放棄し、作品を完全にパブリックドメインにおくことを可能にするものです。つまり、CC0を利用すれば、法令上認められる最大限の範囲内で、様々なクリエイターの作品をインターネット上で広く流通させることができます。

また、著作権に該当しない画像を一般公開しているクリエイターも存在します。
例えば、多くの名作を世に送り出したスタジオジブリの代表取締役・映画プロデューサーの鈴木敏夫氏です。
2020年9月より、「風立ちぬ」や「崖の上のポニョ」「千と千尋の神隠し」など、スタジオジブリ作品の場面写真の提供を開始しています。
スタジオジブリの著作権に該当しない画像を自由にダウンロードし、そのデジタル絵画をインテリアとして楽しむこともできます。
豊かな暮らしを送るために、お気に入りのジブリ作品を部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。












デジタル絵画の値段表
(サイネージ液晶で発色がよく長持ちが特徴)
(価格が変動する可能性がありますのでお問い合わせください)